何回くらい通院すれば良いか?

 

『通院の強要はしません』

 

 

一度の来院で、身体に対する考えや生活習慣が変わる事が、かけがえのない貴重な財産になります。

 

 

一度でも構いません。考え方は人それぞれですから、基本的には患者さんのお気持ちを尊重します。

お勧めは『まずは3回続けてみる』

そこでいろいろ感じてみてください。

 

多くの方は、症状が辛かったり痛みがあるから来院されます。

この痛みを、今すぐ何とかして欲しい 一回で良くしてほしい!

願うお気持ちは、もちろん理解しているつもりです。

 

出来る限り、辛さを取り除くように、お身体を調整させていただきます。

実際は、年月かけてつくられた体質、身体を、一回で治るということは難しいです。

 

ですので『まずは3回続けてみる』(軽度の状態であればほぼ改善します)

 

その後、根本的に体質を変えていく場合には、継続をお勧めします。 椎間板と重力負荷のページへ

 

その際は、5〜10回の治療が目安となります。

徐々に治療間隔をあけながら治療のゴールをめざします。

 

症状の改善は、施術者が行う治療効果と本人(患者)の持つ治癒力によって左右されます。

一般的には、治療効果を維持するため二回目の来院日は1週間以内にお勧めします。症状が軽減してくれば間隔をあけていきましょう。

 

因みに急性の腰痛で3回以上加療が必要なことはほとんどありません、お気軽にお越しください。 

最終的には、自分の身体の問題は自分で治せるようにしていきましょう!  芸術・科学・哲学の話のページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

習得して欲しい6つのこと

 

 

1. 間板減圧の重要性(睡眠など)

2. 椎間板立位減圧法

3. 腰椎腹圧安定法

 

4. 腰椎前弯大腰筋股関節屈曲法

5. 酸素呼吸胸郭伸展法

6. 酸素/呼吸の重要性

 

 

 

その他状況に応じて

 

・理想の姿勢について

・腰椎前弯の重要性

・腰椎椎間関節片側離開(片側にかかっている負担を解放)

・背骨伸展(体の理想とする反らし方)

・ストレッチセンターライン

・股関節周りストレッチ

・膝エクササイズ

・O脚調整法