慢性的筋緊張

【サブラクセーションが脊椎の筋緊張と交感神経の亢進をもたらす科学的論拠】

 

【サブラクセーションの定義】

サブラクセーションとは、神経系の健全さに影響を及ぼす、機能的、構造的、病理的な関節変化の複合で各器官の機能や健康全般に影響を与える可能性がある。

 

【構成要素】

・ミスアライメント(空間的な位置異常)

・運動の過剰または制限

・機能異常(痛みを伴わないこともある)

 

【脊椎筋が緊張の亢進する理由】

1.辺縁系の機能障害

身体内外の情報を感覚情報として受け取り対処する。

獲物を認識して捕まえたり、危険を察知して逃げる、このように対処として働く中枢。

本能行動(摂食、生殖)や情動(感情による威嚇、親愛好意、発汗、血圧変化など)に作用することから情動脳と呼ばれ、同時に記憶する役割も果たす。

このことから、感情と記憶をコントロールし機能が障害されたり、ストレスやトラウマなどからネガティブな感情や記憶が交感神経の緊張を亢進させ、身体の防衛反射が筋肉を緊張させる。

 

2.脊椎分節の機能障害

サブラクセーションが固有受容器(筋、腱、関節、内耳に存在し、筋の収縮程度、腱にかかる張力、関節の位置、頭の傾き、頭部の位置などの固有感覚と呼ばれる感覚を発する受容器)から侵害刺激を送り反射的に筋緊張が起こる。

 

3.疼痛に対する反射性スパズム

疼痛によって交感神経活動が亢進するために血管収縮が起こり虚血に陥りやすい。または痛みによって力が入り、筋性防衛的に反射し収縮する。持続収縮(スパズム)はさらに痛みを発し、交感神経活動を亢進させ筋肉を緊張させる。

 

4.トリガーポイント

骨格筋にある刺激に過敏な場所に認められる硬結中に触知できる過敏な小結節と関連があり、その場所に圧痛があり、特有な関連痛や関連性の過敏、ジャンピングサイン、運動機能障害、自律神経症状が生じ、筋の柔軟性を低下させ、固有受容器を混乱させ筋緊張を生じさせる。

 

5.筋のこわばり

筋組織の縮こまり固まり、虚血に陥り、3つの反射性スパズムから悪循環になり、筋緊張を亢進、慢性化させる。

 

 

 【慢性的分節促通】

脊椎筋が緊張すると、筋の固有受容器が刺激される。

固有受容器は中枢神経組織に情報を提供する。

筋受容器は少なくとも次の4つの受容器がある。筋紡錘、ゴルジ腱器官、パチニ小体、自由神経終末があり、本来であれば無くても良い刺激が入り、脊髄と中枢神経組織に支障が及ぶ。

筋受容器から起こった刺激は、脊髄に向かって上行していく、そして脊髄の二次ニューロンに伝達され、視床や脳に疼痛を伝導する。すると二次ニューロンの閾値が低下させてしまい、刺激に対して閾値を越えやすくなる。比較的早い段階で刺激に対し反応が出てきてしまう。

閾値が低下したまま過ごすと、身体のあらゆる部位(別の部位)から伝わるインパルスに過剰に反応が出てきてしまう。二次ニューロンというのは、筋から上がってきた求心性神経のところがシナプスでつながる。

脊髄において筋を神経支配する前角細胞、および交感神経の一部をなす側角細胞とシナプスで接する。筋緊の張り具合(トーン)の調整と交感神経を活発にしていく側面がある。

側角細胞の持続的刺激が交換神経亢進、筋骨格系障害や内臓機能障害につながる。

サブラクセーションがあるということは、以上のような悪循環を招き、慢性的に脊椎筋の緊張と交感神経の亢進を永続させると考える。

 

 

参考文献など

カイロプラクティックサブラクセーション エンタープライズ

東京カレッジオブカイロプラクティック 岡 大先生 カイロプラクティック概論授業より

 

 

 

 

側弯症に対するアプローチ

 マネージメント

 

<検査>

・問診

病歴、健康状態、家族歴

 

・視診

頭部、頸部、肩、上肢、胸郭、腹部、脊柱、骨盤、股関節、膝、下肢、足部

立位、前屈位(アダムポジション)、坐位、姿勢アライメント、

(慢性的な不良姿勢によるもの、疼痛回避姿勢などの鑑別)

 

・ROM、MMT検査

(主に胸腰部、股関節)

・整形外科学テスト

アダムスポジション、棘突起叩打テスト、ソート・ホールテスト、胸部拡張テスト、下肢伸展挙上テスト、トーマステスト、下肢長計測など

 

・触診

静的触診、動的触診、筋肉の緊張具合、圧痛、疼痛の有無

 

骨の形が左右対称ではない構造性側弯なのか、骨の形が左右対称である機能性側弯なのかを確認します。次に筋肉の状態を調べていきます。筋肉の短縮、硬結、筋力低下を確認する。骨盤や背骨、肋骨の関節の動きが悪くなっている場所を探します。

 

<6つのアプローチ>

 

1・機能異常を起こしている脊柱の関節や筋肉、背骨や骨盤の歪みに対してモビリゼーションを行い、正常な関節機能を取り戻します。

 

とくにポイントと考える関節

・環椎後頭関節

・頸胸移行部

・胸肋関節、肋椎関節、胸郭の動き(多くは胸椎右凸の後方変位)

・胸腰移行部(多くは腰椎左凸の後方変位)

・仙腸関節

・股関節

 

特発性側弯の多くは胸椎右凸、腰椎左凸である、

原因は分かりませんが、心臓が左にあること、右利きに都合が良い世の中になっていることが、少なからず影響していると考えます。

 

2・筋緩和操作で(ストレッチなど)短縮した筋肉を、元の正常な筋肉に戻します。

(側弯症になると、左右のどちらかの筋肉は伸ばされた状態となり、一方は縮まった状態、すなわち短縮した状態になっている)

 

3・等尺性収縮運動などで力が弱くなっている筋力を回復させる。

 

4・自己矯正エクササイズの指導

膝抱え体操(脊柱と筋肉を伸ばす)

ストレッチポールなどを用いて脊柱を伸ばす

胸椎を右に倒しながら伸ばす、腰椎を左に倒しながら伸ばす

仰臥位で膝を立てて左右横に倒す

マッケンジー体操、猫のポーズ

ぶら下がりなど

 

5・正しい姿勢、左右対称の身体の使い方の意識付け

 

6・その他、生活指導 メンタルケア

 

 

アプローチにより骨の変形が改善されることはありませんが、背骨の関節のバランスを回復させる。関節の機能を回復させることにより肩こりや背中の痛みなどの不調は快方に向かうケースが多く、関節機能異常を改善させることで、側弯の角度が軽減、進行を抑制されると考えます。

 

経過観察し定期的に必要に応じてレントゲン検査を勧める(3~4ヵ月、6ヵ月、1年毎)。

 

 

 

<備考>

 

(1)構築性側弯と機能性側弯の違い

 

アダムスポジションで消えれば機能性側弯、残れば構築性側弯

 

<機能性側弯> 

外的要因による側弯。要因を取り除くことにより消失ないし軽減できる側弯

疼痛性側弯・代償性側弯

 

<構築性側弯>

脊椎自体に異常がある側弯

自家矯正が完全にできない・椎体の楔状変形・椎体の凸側方向へ捻じれが特徴

 

 

(2)構築性側弯に分類される先天性側弯症

 

脊椎に生まれつき異常があるために生じる側弯

半椎、楔状椎、癒合椎、肋骨奇形など先天奇形に伴って発生する側弯。進行性であることが多く、とくに半椎と対側の癒合がある場合は予後不良である。

 

(3)特発性側弯症のX線評価法

 

<Cobb角>

通常レントゲン写真上に線を描いて角度を測ります。 カーブの頂点になっている椎体(頂椎:ちょうつい、と呼びます) の上と下でそれぞれ最も大きく傾斜した椎体の外縁から直線を延ばし、 その2本の直線の交差する角度(コブ角)でカーブの大きさを表します。 下の図

 

 

 

 

 

参考文献・インターネットサイト

・David.J.Magee 運動器疾患の評価 医歯薬出版 p378~400 東京 2000

・ 石井清一 平澤泰介監修 標準整形外科学 第8版 医学書院 p431~437 東京 2002

・側わん症ってなに? 患者様ページ_義肢(義足・義手)装具の製造・販売

www.rakuhokugishi.co.jp/customer/004.html

・http://square.umin.ac.jp/iwate-sokuwan/_pdf/guidebook.pdf

・難病情報センター | 脊髄空洞症 www.nanbyou.or.jp/entry/133

・脊髄空洞症、キアリ奇形 | 脊髄・脊椎の病気について | 患者のみなさまへ ...

www.akita-noken.jp

・側弯症に対するカイロプラクティックケアgoodlife-chiro.com 

カイロプラクティックケアの優位性

<関節の機能異常、サブラクセーションが及ぼす健康全般に及ぼす影響について>

 

 

 ・椎間から出ている神経根が物理的、化学的な刺激を受け、異状な興奮を起こし、その神経根に含まれる知覚神経、運動神経、自律神経の神経伝達が妨げられる。それにより痛み、痺れ等の様々な症状が生じ、筋肉の機能が低下し、内臓、器官の機能が低下する。このような状態が長く続き恒常性を保持する機能が低下したままなら、それら内臓、器官の機能低下は病理的な状態に進行しうる。

 

・椎間板の変形、椎間孔の狭窄、脊柱管の狭窄、関節突起間関節の関節包の炎症、硬膜の緊張、黄色靭帯の肥厚、椎間孔周囲の骨棘形成、後縦靭帯骨化等が生じ、それにより神経根や中枢神経系への物理的、化学的な刺激が生じる。

 

・椎間孔内の神経組織の周囲にて静脈叢にうっ血が生じ、それにより神経根が圧迫される。

 

・自律神経に異常な刺激が生じ、頭痛、耳鳴り、めまい、胸痛、胸やけ、胃のもたれ、腹痛、生理不順、不妊、排尿排便障害、発熱の他様々な症状が生じる。

 

・上部頸椎では、頭蓋底の緊張が高まり、頭蓋内外動静脈の血行が障害され、椎骨動脈がキンクし頭蓋内に虚血、静脈系では頭蓋からの出口の孔が頭蓋骨の歪みにより頭蓋内のうっ血を生じ、その結果、血行障害性の頭痛、耳鳴り、めまい、ボケ、視力低下等の症状が生じる。正しい情報が脳に伝えられず治癒力が低下。

 

・脊柱、骨盤では脊髄神経に含まれる血管運動神経への異常な刺激が原因となり、その分節支配区域に血行障害性の痛み、痺れ、冷え、むくみ、皮膚疾患を生じる。 

 

・関節周囲の軟部組織の感覚神経を刺激し筋の抑制や筋緊張亢進といった神経学的反射を引き起こす。

 

・長い時間放置されると異常刺激が断続的に脳に指令を送り続けるために自分を守ろうとして自己防衛反応で筋肉が緊張する。

 

 

 

 

<カイロプラクティックケア/脊椎アジャストメントがもたらす健康増進の可能性>

 

 

神経系への異常な刺激を除去して自然治癒能力を高め、重力負荷による骨格構造の歪みから生じる自然治癒能力の浪費を最小限に抑える。

 

体の機能を支配している神経系の働きを整え、病気を予防し回復させる。

 

髄膜の緊張を緩和させ脳脊髄液の還流を促し、特定部位にかかっている重力負荷を移動させる。 

 

椎間関節の関節包には知覚神経が豊富に分布していることからサブラクセーションを改善させることにより、過敏になっている神経を回復させることが出きる。

 

関節の運動により栄養素の交換と老廃物の排泄を促す。

 

以上の効果により各組織、細胞への栄養分の供給、内分泌のコントロール不要な物質や毒素の排出を促す。

がん細胞など悪性の細胞と闘い、消滅させるキラーT細胞も神経によって支配されている。脊椎サブラクセーションを無くすことによって、がん細胞と闘い消滅させる力を持ったキラーT細胞として体内に存在させる。

体の隅々に神経伝達力を働かせることにより、健康的な身体を維持向上させ、結果として、さまざまな病態の可能性を未病という言葉に置き換えることができる。

また、同じ老化でも、病的老化を予防し生理的老化という、アンチエイジング効果も期待できると考えます。

脊椎サブラクセーションを改善させることは、生命、人生に関わる大きな効果、価値として提供できる素晴らしいことなのです。

 

 

 

 

眼瞼ミキオミア

目の周りがピクピクする

 

47歳 男性 医療関係

 

2か月前より目の周りがピクピクする。

人と会話したり、緊張するとピクピク、ピクピク・・・

なんとも不快、恥ずかしい、脳に問題はないか?不安。

以前に何度かあったが、だいたい2、3週間で治っていたが、今回はなかなか治らない。

 

この症状は、顔面神経、顔面動脈がポイントで側頭筋、咬筋が緊張しているとなりやすい。

3日連続で、上部頸椎の調整と顔面神経、顔面動脈にスーパーライザー照射で消失。

 

眼瞼ミキオミアと呼ばれる。目の周りには、まぶたを開けたり閉じたりするための、眼輪筋という筋肉があり、ミキオミアは眼輪筋の一部がピクピクと痙攣を起こす状態。

自分の意志とは関係なく、勝手に不規則に起こり、筋肉の細かい痙攣です。

まれに、脳腫瘍、血管障害が原因の場合もあり注意が必要。

 

健康な人でもパソコンや細かな仕事、ゲームなど長時間した後の眼精疲労や睡眠不足、ストレスが続くと一時的に起こることがあり、多くの人が経験あると思います。

 

目を休め睡眠をしっかりとることが大事。

細かく複雑な世の中、ストレスが多く回避することは難しいと思いますが、

ストレスは自分を成長させてくれる材料だと考えることで、力に変えてエネルギーにできると良いですね。

 

心理学では、ストレスが身体に悪いと思うと、病気になりやすいが、成長させてくれると考えると免疫力が向上することが分かっています。

 

実際に臨床で多く見かけるのが、やはりストレス性が多いように感じます。

ないものに対し不安になり、慢性的に緊張状態が続いています。

多少の危機管理は大事ですが、心配していることの多くは、起こらないことが多いのです。

 

粗食は生きること

 糖質制限 ダイエット 糖質はいらない ご飯を食べるな 腹いっぱい肉を食べてダイエット 炭水化物が人類を滅ぼす 鬱は炭水化物をやめれば治る 炭水化物をやめなさい・・・

沢山の本やメディアなどで情報が溢れています。

 

個人的には疑問を感じています。

 

栄養学を学んだことがある人は常識だと思いますが、三大栄養素の内訳は

炭水化物 50~60% 脂質 20~25% たんぱく質 15~20%が望ましいとされています。  

 

一定期間という条件であれば、糖質を制限することでのダイエットも良いですが、炭水化物(糖質)は必要なエネルギー源ですから、不足すると体の細胞を破壊し脳の働きも低下します。

 

長期になれば、脂質やたんぱく質過多になるので、コレステロールが増えて血管が傷つきやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の危険度も高くなる。

 

また、神経細胞や神経線維などにも変性をきたし、アルツハイマーやパーキンソン病といった、難治性の脳変性疾患に罹患率も高くなると考えます。

エネルギー源が確保できないと、筋肉や骨から補うので、結果的に筋力低下、骨粗鬆症に発展します。

 

 

 

果物は旬になると赤く色づきます、熟していないと青く酸っぱい、腐った物は苦く変な色に、子供のころは自然とヌルヌルしたもの、酸っぱい物、紫色は嫌いだったと思います。

それが本能なのです。

 

日本人の遺伝子には「ごはん」が合うのです。

ごはんを中心に季節の食べ物、その土地で採れる自然な食べ物が良いですね。

日本人にとっての当たり前の食生活を見直したいものです。

 

 

 

以下6項目は『粗食は生きること』幕内秀夫さん講談社を読みまとめたものです。

 

主食はごはん

家にたとえると土台になります。これを主食にすると野菜や豆類、海藻、魚介類などを副食として取り入れやすくなります。

 

発酵食品を食べる

 味噌、醤油、漬物、納豆など伝統ある発酵食品には有用な微生物が存在し、これを体内に取り入れることで、体内は活性化します。

 

液体でカロリーはとらない

 人間の体は、噛むことによって唾液の分泌が促され、口内細菌などが様々な働きをします。

 

副食は季節の野菜を中心に

 冬は小松菜、白菜、大根、夏はトマト、茄子、南瓜など季節の野菜を海藻や豆類、いも類などを組み合わせる。

 

動物性食品は魚介類を中心に

 肉、ハムなど食肉加工品、乳製品などは極力減らして、季節の魚介類を中心に補う程度に卵を取り入れる。

 

食事はゆっくり よく噛んで

 

 

長寿の方は、ほとんどがこのような食生活だと思います。

現代は食の近代化が裏目に出て、生活習慣病、糖尿病、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患が増えている要因だと思われます。

 

野球の好きな方はご存知、西武、ダイエー、巨人、横浜で活躍し48歳まで現役を全うされた大投手、現ソフトバンク監督、工藤公康さんの話ですが、工藤さんは20代の頃に不摂生な生活で毎日のように焼肉中心の食生活だったそうです、そのことが災いしてか、身体を壊し成績も低下し、引退寸前でした。そんな時、奥様の勧めで粗食中心に変えたことで、体調も良くなり復活して活躍し、48歳まで現役生活を送れたそうです。