産前産後について

産前、産後に脊椎・骨盤の状態を整えておくことで、その後の骨盤に関するトラブルを軽減することができます。

 

骨盤のバランスが崩れ、産道が狭くなったり、関節の機能異常が難産の原因になります。

 

当院では妊娠中や産後間もない方も問題なく施術をお受け頂いておりますので、お気軽にお問合わせください。

 

妊娠中や子育てでは、お身体に負担がかかりますが、施術を通じて快適な生活を過ごして充実した子育てを応援しています

      

 

健康な妊娠の維持

 

分娩時間の短縮

 

痛みの軽減

 

予定にない帝王切開の予防

 

姿勢の改善

 

 

関節柔軟矯正、スーパーライザーを使い(妊娠中は不安回避のため原則使用しません)、脳下垂体からのホルモン分泌を促し、安定させることで、母子ともに健康になります。 

産後

 産後の骨盤矯正について、関心のある方が多くいらっしゃいますが、出産したからといって骨盤が大きく開いたり歪んだりといった事は、解剖生理学的に考察してもありえません。

 

ですが妊娠出産により、筋力の低下や骨盤の緩みから僅かに開き、身体のバランスが崩れ不安定になり、誤った生活習慣や初めての子育てに対する不安などから、様々な症状が出現している方が多く見られます。

 

当院では、そのような方に適切に対応しアドバイスする事で、快適な産後生活を応援しています。

 

 

産前産後の方へのメッセージ

 

妊娠中は何かと不安になりますよね。

感じる不安感が通常の状態より強くなります。

妊娠にともないホルモンバランスが急激に変化していることにも原因にあると思います。

いつもだったら大丈夫なことでも、悩んでしまうことも多いと思います。

病院に行ってレントゲンは大丈夫かな、薬の服用も心配...

 

定期的に妊婦検診をすることで、出産に向けての準備はとても大切なことです。

ただし、必要以上にネガティブな事を考えるのは、あまり良いことではありません。  

 

一番大事なことは、「心身ともに健康でいること」

例えば、骨盤が歪んでいるとか、背骨がずれているとか・・・

あまり考えない方が賢明です。

簡単に背骨や骨盤がずれたり、歪んだりすることはありません。

どの程度で骨盤がずれている、いないという基準は人それぞれだと思いますが、実際に数ミリ以上ずれることはありません。

あるとするならば、それは脱臼や骨折になります。

これは確かに、痛くてしょうがないですよね、その場合は整形外科などで適切な対処をしなくてはなりません。

でも、実際はずれないのです。

 

痛みを回避するために、多少左右に傾いたりバランスが崩れることはあります、妊娠中や産後であればなおさらですね(それを歪みという表現を使うのなら許容範囲です)

 

大事なことは、不安のない生活を送り、「心身ともに健康であること」

 

臨月でもフルマラソン走って無事出産する方もいらっしゃるのですから、人間は結構丈夫なんですよ。

もちろん、マラソンをお勧めしているわけではありません、慎重にお身体と向き合うことは必要です。

 

背骨・骨盤のずれや歪みを必要以上に気にすることは、健康的な考えではありません。

側弯症で身体が歪んでいても、健康で元気な方はたくさんいます。

生活習慣や身体の機能的な問題を改善し、心が健康でいることが大事なのです。

 

母子ともに健康で幸せなご出産、そして幸せな産後になりますように

心より願っております。

こだわりの矯正ページへ