急性腰痛 ぎっくり腰について

 

急に腰が痛くなり、不安になったり困惑する方が少なくありません。

先ずはあわてずに必要以上に不安にならないでください。

大抵の場合は3,4日で少しずつ落ちついていきます。

痛みを自覚してから2日目が一番痛むことが多く、正しい認識、処置がないと長引く、または悪化する場合もありますが、

ほとんどのケースが心配の必要のない腰痛です。

 

 

しかし可能性はかなり低いですが、万が一の場合や安心を担保する目的で、念の為に確認しましょう。

(必要以上に不安が続くと、慢性的に神経が興奮したり脳の機能が低下し、身体に不具合が起こりやすくなってきます)

 

 

安静時痛はありませんか?(じっとしていても、動かさなくても痛みがあるか)

ある場合は

脊椎炎・腫瘍・骨転移・骨髄腫・結石・動脈瘤(解離性)

 

 

力が入りますか?

痛みによって力が入らない、動けない場合もありますが、明らかに動きがおかしい、力が入りにくいといった場合は、

重度のヘルニア・脳、脊髄の疾患の可能性を除外する為に、整形外科または脊椎/脊髄/脳神経外科、神経内科など神経専門の医療機関へ

とりあえず、受診されることをお勧めします。(参考ページ 腰痛についてはこちら)

 

 

とは言え、ほとんどのケースが筋筋膜性の腰痛、軟部組織の問題です。

疲労の蓄積、関節の機能異常に間違った体の使い方、間違った認識によることが多く見受けられます。

結果的に持久力のなくなった筋肉が痙攣、または微小な断裂(画像では写りません)しているケースが多いです。

また、蓄積された精神的疲労が身体的異常となって現れ、慢性的に痛みを起こしているケースもあります。

 

 

さて、ぎっくり腰になった場合にどうするか

安静にしていれば痛みがなく、力が入るということであれば、

日常の生活を継続することをおすすめします(苦痛の痛みがない範囲で)

苦痛でどうしょうもない場合は、落ち着くまで必要以上に動かさない方が良いです。

あえて何かをするということを、しない方が賢明です。

(何かをする事ではなく、しない事を選択してください)

 

 

ここのあえてというのは、

 

・お風呂などで温める(長期的に考えれば問題ありませんが、炎症が強くなり痛みが上がります)

・ストレッチをする

・マッサージを受ける

・ウォーキング

・良い姿勢を意識する(痛みが落ちついてからにしましょう)

・痛いけど動かす

 

(急性の腰痛は捻挫や怪我と同じだと考えてください)

 

これをするとほとんどが痛みが上がり、長引く原因にもなります。

とにかく苦痛のない程度に普通にしておく事が大事です。

 

 

でも、この痛みなんとかしたい! そう思うのが現実ですね

 

・少しでも早く確実に治したい

・痛み出してから4日たっても改善傾向にない

・これからの自分の身体に不安がある

・正しい生活習慣が知りたい

・二度とぎっくり腰を起こしたくない

・何度もぎっくり腰を繰り返す

・良い機会だから、腰痛や健康のことを学んでみよう

・レントゲンなど検査をしたが、「なんでもない、または加齢だから」などと言われたけど、なんとかしたい

・よくわからないから、とりあえず診て欲しい

 

 

このように思われる方で、寝返りが普通にできる場合は(寝返りも辛い場合は、少し安静にして落ちついてからの方が良いです)

是非、拝見させてください。お力になれる事を、お約束いたします。

 

それと、ぎっくり腰など急性腰痛も、それはきっかけで、元々内在していた構造的、機能的、心理的なストレスが原因であることが多いのです。根本原因を探り理解して、お身体と向き合っていきましょう。