椎間板と重力負荷【重要】

 体には非常に重要な椎間板が背骨の間に23個あります。 椎間板は体にかかるショックを吸収し、衝撃を和らげ、三次元の動きを可能にしてくれます。

 

椎間板の中心には髄核といい、粘性の高いゲル状の物質。その周りは繊維輪といって弾力性の強いコラーゲン繊維でできています。 水分量は80~90%あり、ピークは20~30歳で、以後ゆっくり退行過程にはいります。

 

(空気(水分)が抜ける→固くなる→パンクしたタイヤをイメージすると良いと思います) 関節軟骨、椎間板は消耗品なのです。

 

背骨に加重が加わると、椎間板からは、水分が出ていき、朝起きてから寝るまでに0.6~1.2ミリ薄くなるといわれています。  つまり、日中の座ったり、立ったり、歩いたりという通常の活動をしているときは、椎間板が薄く、睡眠をとると厚みを取り戻します。 睡眠が健康に大事という記述は以前しましたが、椎間板にとっても重要なのです。 加重が取り除かれると、再水化が起こり、椎間板機能がうまく保たれるのです。

 

(タイヤに空気(水分)を入れる、またはスポンジが水を吸収するイメージで良いと思います)  しかし過度の休息や活動不足は好影響を与えないとMRIで確認されています。

 

生涯、椎間板を意識するかしないかで、腰痛になるか、ならないか、大きく変わってくるのです。  通常、椎間板を意識して生活することはないと思いますが、 椎間板という非常に重要のものが、背骨の間にクッションとして働いていることを認識してみてください。 (椎間板の厚みは背骨の約1/4あります)  日常の姿勢、活動、運動のしかたを工夫して重力負荷を意識しましょう。

 

椎間板に一番優しい寝方は仰向けです。

背すじを伸ばす、姿勢を正す、横になる、寝る、ぶら下がる、歩き方(横揺れ、たて揺れを少なく)、足に優しい靴、走る時は土か芝の上、水中での運動、ヨガ、ストレッチ、柔軟体操、重いものを持つ時はリュック、丹田を意識、当院へ来院するなど、いろいろあります。

 

腰痛や足のしびれで苦しむか、歳を重ねても元気で動けるか。

 

正しい知識と体の使い方は大きな財産なのです。