自分自身が10代後半に腰痛と喘息(カイロプラクティックの適応症)

に悩んだことをきっかけに、 同じ悩みを抱える人の手助けをしたいという思いからカイロプラクターを目指す。

 

東京カイロプラクティックカレッジにて基礎医学をはじめ 構造医学・臨床生理学・関節機能生理学などを習得。米国政府公認ドクターのもとカイロプラクティックを学ぶ。

 

その後2001年より全国から難治の腰痛患者が集まる、さかいクリニックグループにて勤務し、2003年から2012年4月まで副院長として、延べ約10万人の患者さまと正面から向き合い、信頼と多くの実績をあげる。

 

私自身の椎間板ヘルニア手術を回避、喘息もほぼ克服、サッカー・サーフィン・空手などを通じ、さまざまな怪我、痛みを経験し克服してきているからこそ、患者さんの痛み苦痛の気持ちを理解したいと常に思っています。

 

特に腰椎すべり症の矯正には、絶対の自信をもっております。

 

自然医学の素晴らしさ、イネイト・インテリジェンス(先天的治癒力)の素晴らしさを伝えたくて、日夜考え研鑽中です。

最近は、極真空手・アシュタンガヨガ・機能神経学をベースに、いかにして身体機能を向上させるかを常に考えています。

 

こんな素晴らしい職業を持てたこと、僕を頼って来てくださる方がいらっしゃることに、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

一期一会、特別な思いでお待ちしております。

 

経歴

東京カイロプラクティックカレッジ卒(2002)

AJCA認定カイロプラクター

 

東京カレッジオブカイロプラクティック

JCR試験プログラム(2600時間)終了

The International Board of Chiropractic Examiners/ 国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE):SPEC試験合格(2017)

(http://www.jac-chiro.org/ibce_nbce.html)(WHO基準の教育課程を終了し臨床判定能力を担保する試験)

 

Diplomate of Chiropractic Science

日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定 カイロプラクター

(http://www.chiroreg.jp/)

 

 

IYCラジヨガ講師認定

アシュタンガヨガ初級指導者コース終了

上級救命技能認定

極真空手初段

 

日本治療協会(JHA)会員

トータルヘルスアドバイザー

ほぐし療法士 マスター

空手やヨガを通じて、正しい身体操作を実践し追求することで、正しい姿勢や体の使い方を体現しています