腰痛について

 

腰痛にとって一番大切なことは、ご自身のお身体と正しく真剣に向き合うことです。

 

腰痛、その他、様々な症状の原因は一つではありません。

 

ぎっくり腰は、決して怖い事ではないのです。

ほとんどのぎっくり腰は、疲労の蓄積、関節の機能異常に間違った体の使い方、間違った認識によることが多く見受けられます。

結果的に持久力のなくなった筋肉が痙攣、または微小な断裂(画像では写りません)しているケースが多いです。

 

 腰痛などを通じて、是非自分自身のお身体と真剣に向き合ってください。

 

 健康で丈夫な体、知識を持つ事は何事にもかえられない大切な財産です。

 

自分自身のお身体に対する、正しい生活習慣を見つけ、10年後、20年後のお身体の状態を見据えて向き合ってください。


念のために注意すること

 

・発症年齢が55才以上

 

・高所からの転落 交通事故など最近大きなケガをした

 

・安静にしていても痛みが強くなる 

 

・胸が痛い

 

・癌の病歴がある

 

・ステロイドを長期にわたり服用

 

・薬物乱用 免疫抑制剤の使用 HIV

 

・全身の体調不良

 

・原因不明の体重減少

 

・身体の変形

 

・排尿排便障害 肛門や会陰部の感覚がない

 

これらは重大な脊椎病変をチェックする腰痛ガイドラインのチェック項目「レッドフラッグ」です  大きな脊椎病変とは悪性腫瘍 脊椎感染症 解離性大動脈瘤 強直性脊椎炎 神経の障害(神経根・馬尾)などで患者数としては全腰痛の5%以内と少数ですが 万が一のこともありますので、整形外科専門医を受診して画像検査 血液検査を受けてください


腰痛と上手に付き合うヒント

 

・腰痛が起きたらまず医師を受診し、重い病気が隠れているかどうか調べてもらいましょう 

 

・安静にしているとかえって治りが遅くなります、可能な範囲で日常生活を続けましょう

 

・背骨や椎間板の変形が腰痛の原因かどうかは証明されていません、医師に変形していると言われても、不安になる事はありません

 

・慢性腰痛は"カゼ"のように繰り返し起こりますが、繰り返すたびに痛みが増したり悪化したりする恐れはありません

 

・治療のゴールは日常生活が送れることです、自分自身の感覚を大切にし、"快適"と思える生活を主体的に作っていきましょう 

 

・しつこい腰痛には心理・社会的因子が影響していることもあります、自分にとっての腰痛の意味を考えてみるのも役立ちます、腰痛が気づきを与えてくれると前向きに肯定的に受け止めましょう

 

 

(腰痛のナゼとナゾ 菊池臣一 著 Medical Tribune)