イネイトインテリジェンス(先天性知能)とホメオスタシス(恒常性機能)

 

もう少し分かりやすい言葉だと自然治癒力といいます。

たった1個の細胞から完璧な人に成長し、コンピューターにインプットされたように、組織・内蔵がつくられる。 

また不要なものや悪いものが体に入っても下痢や嘔吐という行為で体外に出し、傷を負ってもすぐに血液凝固物質を送り出血を止め切り口を綺麗に修復してくれる。

 

そのような、先天的な能力をイネイトインテリジェンスといいます。

 

ホメオスタシスは環境変化に対して、体の内部環境を一定に保とうとする調節の機能です。

気温の変化に応じて身震いや汗をかくことで、体温を一定に保つなどの機能、自律神経の働きといってもよいでしょう。

人間の脳は先天的な脳と後天的に教育された脳と2つから成り立っています。

 

私たちが自分で考え過去のデータを記憶し決断し、行動することができるのは、教育された後天的な脳の力です。

しかし、いくら教育された脳で考えても、先天的な脳の力に優ることはできません。

後天的に教育されたことは、時に間違いを起こします。

良いといわれている薬や食べ物も、本当は間違いであったこと、または気付いていないことがあります。

日常の姿勢や運動、思考や行動パターンなど、たくさんあるでしょう。

 

当院における、施術・調整は後頭骨から仙骨が矯正の中心になります。 

 

その中で最も重要なのが後頭骨と頸椎の関節(脳と脊髄の連絡路)です。

そこには延髄・脊髄・迷走神経・自律神経・動脈が通っています。

異常があると神経の伝達が妨害され自然治癒力が低下している重要な部分です。

 

イネイトインテリジェンスを最大限に発揮させることで健康な身体を作っていきます。

脳からの先天性治癒力を100%にして、体の隅々までに神経伝達力を働かせることにより、健康的な身体を維持向上させ、結果的にご自身が病気を治してくれるのです。

 

イネイトインテリジェンスは哲学、治療は科学、健康な身体は芸術です。

 

 

 

「未来の医師は薬を用いないで 人体骨格構造 栄養 そして病気の原因と予防に注意を払うようになるだろう」

トーマス エジソン