突発性難聴3

5/27初診

70代 男性

4月初旬(約2か月前)から、右耳の突発性難聴を発症。病院にてステロイド投与、点滴、星状神経ブロック注射、高圧酸素治療。

全て効果なし

 

 

右耳 気導/外耳から1cm(+) 128Hz音叉にて

(音叉を耳から遠ざけて1cmで聞こえなくなる)

 

6/10迄、7日通院11回(1日2回の時あり)の加療にて、気導/外耳からの距離6cm程に回復。

耳鳴り残るが改善(ノイズが減少し聞き取る音の質が向上)

その後6/14迄 3日通院8回の加療にて外耳から15cmの距離まで聞こえる範囲が広がった。  

 

 当院の加療のポイント

スーパーライザーおよび手技にて

・内耳、三叉神経、顔面神経、内頚動脈、椎骨動脈、星状神経節、上頚神経節、迷走神経、鼓膜張筋、口蓋帆張筋、耳管咽頭筋

・上部頸椎、仙骨アプローチ

 

 

注目する点は、左耳(健側)での低周波の数値は下がっているものの、右耳(患側)の数値が全体的に上がっており左右差がなくなっており、

人の声の周波数500~2000Hzでの聴力が改善し、左右の平均聴力レベルが拮抗した所が、特筆できるところではないでしょうか。

 

5/23

 

6/10

 

 


 

6/14

 

6/18