突発性難聴症例5

 

60代 歯科医師

 

10/6 再診

約20年前、突発性難聴を発症し今回で6回目。

過去全て左耳であったが、今回は初めて右耳に発症、耳鳴りあり。

 

 

前回、当院にて1回で回復したので、今回も期待して発症2日後に来院。 

空気伝導検査 右耳 約15cmで消失(前回の右耳症状より軽いようである) 

 

 

加療のポイント

スーパーライザーおよび手技にて

・内耳、三叉神経、顔面神経、内頚動脈、椎骨動脈、星状神経節、上頚神経節、迷走神経、鼓膜張筋、口蓋帆張筋、耳管咽頭筋・上部頸椎、仙骨アプローチ

 

 

硬膜の緊張を緩和させる手技、星状神経節10分・内耳周辺30分にスーパーライザーを照射した結果、帰院時に大分良い感じがするとのこと、翌日ほぼ聴力は回復したとの電話連絡をいただいた。

 

 

突発性難聴症例2と同じ患者さんであるが、前回同様に帰院時は良い感じで安心してお帰りになり、ほぼ完全に回復したようだと、ご連絡をいただき、様子をみることになった。