すべり症8

 

歩くのが辛い

 

81才 女性

 

腰痛・右足の痺れ

 

10年前に脊柱管狭窄症・腰椎すべり症と診断を受ける

一ヶ月前までは多少の痛みや痺れがあったものの、生活にはさほど支障は無かったが。

先月より、急に痛み・痺れが強くなり、整形外科にて理学療法を受けるも症状は悪化傾向にあり、途方にくれ、当院へ望みを持って

来院される。

 

 

結果

一回の加療にて、だいぶ痛みが改善する。

4日後の2回目の来院時に7割程の症状が消失。

一ヶ月5回の加療にて、多少の痺れが残るもののほぼ改善。

 

 

 

ポイント

整形外科にてすべり症と診断のもと、理学療法を受けるが悪化傾向であった。

問診にて、しっかり状況を伺い状態を考察する。

確かに、画像上では第四腰椎のすべりを確認できるが、お身体の状態から、第五腰椎と仙骨間にかかる負担から起因している症状であると推測し、日常生活、歩行のポイントなどをアドバイスさせていただいた結果、早期に改善できたと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脊柱管狭窄1へ