足の痺れ 脊柱管狭窄症

足の痺れ 脊柱管狭窄症

 

60代 女性 デスクワーク 柏市

 

キーワード

足の痺れ 腰の痛み 歩くと痛い 山登り

 

5か月前から腰の痛みが出るようになった。

左のお尻と太ももの前側の痛み、痺れもある。

整形外科にて脊柱管狭窄症(背骨の中の脊髄の通り道が狭くなる)と診断され、4か月間投薬、マッサージ、牽引などで改善されず、当院へ来院されました。

 

痛みは立っている時、歩く時、疲れた時、日によって波はあるものの、時には家族の人の介助も必要で、精神的なダメージも大きく大変お困りの様子でした。

 

いろいろお話をお聞きして、お身体の状態を確認したところ、整形外科での診断通り、脊柱管狭窄症は否定できませんでした。

触診で確認できたことは、仙腸関節(骨盤の関節)の動きが消失し、腰仙関節(背骨とお尻の骨のつなぎ目)が狭くなっていて、腰椎4番(下から2番目)が少し前にスライドしていました(腰椎すべり症) 

さらに左の太ももがやや萎縮しているようでした。

 

考えられる原因は、退行変性による構造的または器質的変化(脊柱管狭窄症)、お孫さんの世話、バレーボール、デスクワークなどでの不良姿勢や変化のない、同じ姿勢での負担。

姿勢や動きで常に下部腰椎(背骨の下の方)に負荷が集中していました。

 

カイロプラクティックケアのポイント

仙腸関節 腰仙関節 姿勢指導 腹横筋の意識向上

 

施術にて背骨/骨盤を調整し、日常での姿勢や身体の使い方、ストレッチをアドバイスさせていただき、5回の施術で約80%症状は消失しました。

 

今ではバレーボール、山登り、お孫さんのお世話、仕事に家事、楽しく過ごされております。

大事なことは、機能的問題を解決し日常生活を工夫することで、十分に改善するケースが少なくありません。

脊柱管狭窄症は病気ではありません。身体も消耗品なので、関節・骨が消耗/摩耗/萎縮していくのは当然の事なので、「どのように向き合うか」が重要なのです。